会社案内/歴史

歴史

明治末期の鈴木松風堂社屋(画像) 明治の始め、初代鈴木宇吉郎は上海で夢を見た。ふと、手にとった筒を覗くとまるで花びらを七色に染めた紫陽花が咲くようにひろがる絵が動いているではないか。彼はもう一度、息をのんで指先を動かした。よく見ると、小さな色の破片がまわりの鏡に姿を映し動きに合わせて、角度を変えているのだ。手にとった筒は紙で出来ていた。この手に触れるあたたかさと、感動を故郷に伝えたい。そんな思いを紙筒に託し日本での製造販売に踏み切った。
 明治26年4月、木製の呉服の巻芯を紙筒に変えることに成功し、“鈴木松風堂”と商号を定めた。夢を最初に受け入れたのはなんと古式豊かな着物だったのだ。
 西洋文化華やかな明治を経て、大正ロマン期、昭和初期、そして戦中には生活物資として姿かたちを変えながら、表情豊かな包装資材へと成長していく。
 戦後、和装包装資材はもちろん、洋装包装資材、そしてその見本帳をいちはやく手がけた。そこから得た印刷や紙工デザイン能力の向上から和洋菓子のパッケージへと、そして店舗ディスプレーまでトータルな販売促進の企画も手掛けている。
そして今、自然指向、本物指向の流れの中、再び人間にやさしい紙、パッケージやインテリア雑貨として紙の技が世界中から注目を集めている。

三ツ違い山形のいわれ

TRADE MARK(画像) 上掲の当社の商標は明治末期故鈴木宇吉郎がカトリックの三位一体の玄義に因んで、得意先、当社、仕入先がスクラムを組む共存共栄のシンボルとして制定したものである。造形的に秀れたものとして高橋正人著、岩崎美術社発行の伝承デザイン資料集成商家諸職篇に“三ツ違い山形”として紹介されている。

会社沿革

1880頃
西本願寺前 亀屋陸奥へ銘菓「松風」の紙の筒として納入を始める
1893
「鈴木松風堂」創業
1894
京都市二条間之町に本店を構える
1895
紙製の芯木「改良眞木」を発表
京都市岡崎の勧業館にて内国博覧会に紙製芯木「改良眞木」を出展
大文字屋(現・京都大丸百貨店)と取引開始
1904〜5
<日露戦争>
1912
京都二条通り東洞院西入ルに本社及び工場新築(地下1F、地上3F、武田吾一設計)
1914〜18
<第一次世界大戦>
1926
エトナ磨粉(クレンザー)の紙缶容器製缶開始
1931
ローマ法王ピオ11世より感謝状を賜る
<満州事変>
1935
アイスクリームカップの生産
京都市柳馬場三条上ルへ移転
1936
<二二六事件>
1937
<統制経済発足>
<支那事変>
1939
大阪大正区に大阪出張所開設
<第二次世界大戦開戦>
1940
柳馬場六角下ル(現本社)に移転
1945
<第二次世界大戦終戦>
1950
<統制経済撤廃>
1952
会社設立 資本金150万円
1954
京都市南区上鳥羽に十条工場建設
1958
京都市柳馬場六角下ルに分室を建設
1959
スパイラルマシン導入
1960
福井市板垣町に福井工場を建設
1964
京都市より優良中小企業として表彰を受ける
1964
<東京オリンピック>
1969
宇治市槙島町に槙島倉庫建設
1970
滋賀県甲賀郡水口町に滋賀工場を建設
<日本万国博覧会(大阪万博)>
1973
<第1次オイルショック>
1975
資本金2,600万円に増資
1976
宇治センターを建設
1978
滋賀県甲賀郡水口町に水口センターを建設
1979
<第2次オイルショック>
1981
岐阜県可児郡御嵩町宿に岐阜工場を建設
1988
十条工場増改築
1991
十条工場事務所全面改装
<バブル崩壊>
1994
京都府知事より「京の老舗」の表彰受ける
創業百周年記念行事行う
四代目鈴木基一代表取締役社長に就任す
1996
滋賀県彦根市に炭化工場開設
1997
福井工場全面増改築
横大路倉庫新築
<京都議定書発効>
1998
分室にアンテナショップを開店する
水口センタ−を横大路倉庫に移行する
2003
京都市南区吉祥院石原野上町1番地に本社工場を建設
本社グループ・十条工場・宇治センターを本社工場に集約
2004
本社全面改装後企画・開発室を移転、小売部門発足
2005
分室を全面改築
紙の和雑貨体験工房をオープン
NY販売事業進出
2006
滋賀工場 クリーン生産工場へ全面改装
2007
滋賀工場倉庫増築
紙の和雑貨体験工房を一部改装
2011
会社設立60周年(創業118年)記念式を行う
2013
創業百二十周年記念を迎える
現在に至る

ご縁をつなぐ、丸い紙管から円から縁へ

紙管をスパイラル状に巻く様 私たちが造る紙管は、紙が螺旋状の円を描きながら重なり巻かれ、強く丸く、そしてまっすぐに伸び作られます。その様子は、さまざまな「縁」からなる「人の成長」や「人の和・組織」技術の進化」「企業の発展」「文化の継承」といった事に形容されるのではないでしょうか。

 紙管をスパイラル状に巻く様(右図)に、さまざまなご縁で商品が生まれ、それらとともに私たちは成長し、また次の代へと継承し歴史を刻んできました。

 これからもお客様との縁を大切にし、皆様とともに、120年、150年、200年へと伝統や歴史となり新たな縁と未来へ刻まれつながっていきます。

京松風縁起紋

京松風縁起紋 紙管が巻かれる螺旋をベースに、松・竹・梅の縁起のよいモチーフをあしらい、アイコンとして紋をデザインしました。
 三つのモチーフとその中の三つの丸は、初代からの三位一体の精神を継承しています。
 このデザインアイコンは、お客様・当社・仕入先様とのご縁が縁起の良いものになりますようにとの思いを込めて物創りに取り組んでいる印としています。

↑このページの先頭へ戻る